携帯ホームページ
薔薇ラのザレゴト ~~  トレード日記 コトバの重み
 

薔薇ラのザレゴト ~~  トレード日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コトバの重み

リアルのトレードからガッツリ離れて
デモがメインになって半年近く。
ご存じのよーにリアルに戻るのに
いまだハードルが高く「感じている」現在でっす。

ハードル高いのは妄想にすぎないんですけどねぇ。

数か月前から
頭の中を
「本番に弱い」
って言葉がぐるぐる回っているんですわ。
そのたびに振り払ってきていたんですけど。

先日、スポーツ選手のメンタルトレーナーの高畑好秀さんが書いた本、
『脱スラ!』を読んでいたとき。

ピーン

…わかりました。
その「本番に弱い」って言葉、
親から複数回、私に向けて発せられた言葉だったんです。

えと
受験の時だったと思います。
ばりばりのA判定だった学校を落ちたときじゃないでしょうか。
それかセンター試験で失敗したときか。
両親が私をさして「本番に弱い」と。
で、母が「お父さんは本番に強い人だから、お父さんに秘訣を聞きなさい」と言い、
その場で父が言った言葉は「絶対にここでやってやる!と思ってやるんだ」と。

^^;
なんだよそれ。超曖昧。

もちろん意味がよくわかりませんでした。

その後も何度か失敗し、
一番失敗したのは、不純な動機で志望した第一志望、
これ不純な動機ゆえに
F判定からA判定に1年で持っていっちまったんですけど、
そこ結局落ちたとき、
夢破れ恋破れですわ、19歳にはキツイ痛手を負いまくっているさなか、
また「本番に弱い」って言われました。

^^;
これ、致命傷じゃございません?

その後、「絶対ここでやってやる!」と思うとうまくいかないことが
非常に多かったと思います…^^;

をを、両親よ

まぁ親の教育については基本的に不満はありませんし、
総合的に見て、非常に聡明でかなりよくできた親だと思っています。
片方はできすぎているところがあります。

両親に他意はなかったと思います。
しかしながら、以前にもここに書きましたが
「運動音痴と運動音痴の子供だから運動音痴はしょうがない」
と、今回の
「本番に弱い、克服法は絶対にやってやる!と思うこと」
この2つは結果的に刷り込みになってしまったということでしょうね。

ちなみに絶対にやってやる!と思うと
私はりきんでしまってうまくいかないです。
大概物事のやり始めはりきみまくってて、
これ、肩の力が抜けてくる頃にうまくいきだします。
環境が変わったりすると最初かなりキツイです。空回りで。
で、よく母に
「慣れるのに時間がかかるよね」と言われまくってました。

いやー
すごいですね^^b
自分の悪癖やら悪循環をどんどん発見できまっす、FXをやるようになってから。

ところで聡明っていうのは2面性があって、
目に見える事象にとらわれすぎて
そこで物事を判断しすぎる傾向があります。
今、ウッチー本などで成功哲学を注入し続けている私に最重要なものは
根拠のない自信でして
半同居状態の聡明な親はやっかいな位置にいます。

ぇぇ、なるべく口論にならないように、
特に最近はかなり距離をおいて付き合うようにしてます。

15年も離れて暮らしていて
こんな大人になってから近くで暮らすとなると
さまざまな支障が出てきますね。
これはまぁ修行と思って日々やっております。

夫くんの親はとにかく夫くんに
「やればできる子」とずっと言い続けてきたとのこと。
今の性格や奇跡をよく起こしているのを見ているとめっちゃ納得。
私も相当両親には褒めてもらったけど
褒めてもらった量が多すぎるくらいなので、
上述の2つだけは浮き出て
刷り込みになってしまったのかなぁと思いますた。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。