携帯ホームページ
薔薇ラのザレゴト ~~  トレード日記 メンタル
 

薔薇ラのザレゴト ~~  トレード日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

週末のヒラメキ?啓示?

今日BOOKOFFに行ったのですが、
うちの近くの店ではそこそこの量のFX本が売りに出されていました。
売りに出した人は
FXでもうけることができるようになったので
本が不要になったのでしょうか。
それともFX自体をやめたのでしょうか。
図書館でFX本・トレード本を散々借りていたとき
予約待ちだった本もありましたし
私の前に返した人の本の返却手続きをしている職員さんを見ていたら
あるFX本が次の予約が入っているみたいで
その処理をしているのを目の当たりにしました。

こんな地方都市でもFXに関わる人がそれなりにいるんですね。

本の中では印象に残っているのは『ゾーン』かなぁと思いますけど
ずーっとあったモヤモヤからひとまず抜けたか!?となったのは
FX本やFXのメンタルとはちょっと関係ないかなってとこだったです。

今メンタル的に成熟したかというと
どーだか、まだ発展途上の途上でしょうって感じですが
(まーそれより私の場合は健康面の方がどっちかいうと課題ですけど。
 心身は密接につながっているということを前提にしても。)
こと私に限っては
FXにどっぷり入り込んでいるうちはうまくいかないと思っています。
努力して励んでいるうちはダメかなと。

そんなこんなで日々オキラクに生きてますが
オキラクながらも気づいたらいろんなことが準備に向かっていて
私が向かうところってもしかしてここ?
みたいなものが徐々に向こうから迫ってきてて
ちょっとびっくりしているんですが。
何がびっくりって「私が向かうところってもしかしてここ?」ってことは
おそらく十数年前に既にうっすらと見えていたことでした。
しかももしかしたら「多方向から完璧に見えていた」かも。
昔から自分のミッションは自分でほぼ完全な形で気づいていたんですな。

もし「そこ」が自分のミッションだとしたら
今まで一見「まるで関係ないこと」をやってきたけど
えらい近道、もしかしたら最短距離を通ってきたかも、と思えたりします。

そのミッションがもし本当にミッションなら
「FXは私にとってこういう位置づけだ」と去年の10月~11月頃に見えたことは
今になってすっごくハラに落ちるものです。

ちなみにFXは私にとって

和むコト

です←ちょうどいい湯加減の風呂に入って薄目開けている状態に似てます。

PageTop

結果・プライド

金曜日、久々に、「間違えたー」というトレードをして
損切りも
私のトレードの平均的によくある数値の倍くらいのpips&金額になりました。

以前はハンセイの意味もこめて
ここに洗いざらいすべて(特に損切りについては詳細に)書いていたのですが
あのころは悔しいとかムカムカ感とか甚大で
「冷静になれよ、テメエ」的にブログ殴り書き状態でした。

一昨日はふと気づいたら
「あれ?いやに冷静だな」と。

損切りになった瞬間
「あ、ここのリバーサル見落としているわ」
「おっと15分足のここ、ちゃんと見てなかったな」
「テレビ観ながらトレードとかありえないってば(苦笑」
とか。
そんで、
「あーこりゃ失敗トレードだったねぇ」とサクサク反省。
直後、損切りしたことをすっかり忘れて
のだめカンタービレの録画観て爆笑。

退職したこともあまりコタエてないところがありますが
それと同じくらいコタエてなくて
むしろ今回の損切りでチャートとぐっと近くなった感じがして

…いつものごとく曖昧な表現ですが。

要するにいつの間にか淡々とやるようになり
生活全般で淡々とやってるなぁというところです。

結果を気にしない、究極のマイペースってのに
近づいているんだろうなぁと思いました。
うれしいですね。

先日のフィギュアスケートは面白かったです。
とてもたくさんのことを学ばせていただきました。

ずっと応援していたキム・ヨナ選手が鼻につき始め、
それは、彼女の多大なる劣等感が全面に出てくるようになったからだと
あとから理解しました。
金メダルをとった演技はイマイチパッとしないし、
フランス大会のときに感じた
背筋の毛が立つようなぞわぞわっとした感動が全くなく
非常に残念な演技でなりませんでした。
非常に上手なんですがね。
非常に上手だからこそ残念でならないです。
感動することができないことが。

やはり化け物なのは浅田真央選手で、
彼女は自分の実力のでこぼこしたところの
一番外側に目標を書いて常にチャレンジしていて、
のびしろが非常に大きく見えることが何年も続いている点で。

恐らく、キム・ヨナ選手が浅田真央選手を非常に意識していることに対して
浅田真央選手は基本的には自分の中の目標と可能性にしか興味がない、
イチロー選手と非常によく似たところがある部分でのびしろを感じるのだと思います。

今のキム・ヨナ選手と私が働いていたところのトップとすごくかぶるんですね。
どんなにうまくいったとしても自分の劣等感に常に追い立てられている
魂が揺らいでいる状態が。

キム・ヨナ選手の状態とまた対照的な位置にいたのが
安藤選手や、特にすばらしいのは鈴木選手だったかなと。
二人の演技やインタビューには涙しました。

感動する演技というのは上手下手ではなく
魂がどれだけこめられているかであったかと。
私はジャッジする人間ではないので
そういう視点で感動を受け取っていました。
安藤選手や鈴木選手が
「スケートをしていてよかった、スケートをしていたことに感謝する」と
試合後のインタビューで話していましたが
その姿勢、感じさせてもらったですね。
今でも、そのインタビューのコトバを思い出して涙がでてきます。

トレードをするようになってから特に
多大な劣等感(多大な優越感は多大な劣等感の表れ)とプライドに対し
すごく敏感に感じるようになってきました。
恐らく自分の中にもそれが長い間蓄積してきていて
その蓄積を少しずつ取り出して、ゴミの日に捨てているからかと思われます。

恐らく、以前、ここに損切りを詳細に記していたのも
そのゴミ捨てを始めていたことであったかなと。
そして今、全く結果を書かなくしたことと
一昨日の損切り後に感じた冷静な自分は
非常に密接なつながりがあるなと。


浅田真央選手がハッキリと言っていました。

「ジャンプでミスをしたのは、
 飛ぶ前に『このジャンプ決めれば○点獲得』と
 考えてしまったのが原因」

いやー恐れ入りました。m(_)m

PageTop

引き寄せの法則実践

持病の発作はおさまりつつありますが
今回の発作は1年半ぶりかそれくらいの大きいもので
職場環境によるところがかなり大きく…。

自分を守りたいので退職しちゃいました(笑。

このところ学んでいる生き方・考え方を実践していくと
一見、私以外のこと(人、環境など)が主導権を握っているように見えることでも
実は自分がすべて決めているってことが非常に明白で。

今回仕事を決めるのも辞めるのも
私が思ったとおりに周りが勝手に動いていき、オマケもついてきて。
しかも私が思った日にち通りにほぼ。楽です。

多分、仕事を辞めるってことは大きい出来事だと思いますが
私の感覚の中ではゆるゆると静かに穏やかに時が流れていきます。

トレードも、そんなゆるゆるとほんわかした流れの中にあります。


今日もひどく抽象的なハナシですね。(笑。

PageTop

日々の姿勢

以前働いていた会社で2箇所ほどですが
生き方・考え方の勉強を
イヤってほど定期的に、いや毎日のようにやらせるところがありました。

どちらも会社ぐるみでやっていて
片方は数十人の会社、片方は数千人の会社で
規模は違うものの、面白いなぁと。今から考えると。

あの頃は
「やらされている感」がかなりしたのですが
あそこである意味基礎をたたきこまれた感じ、あります。

その頃、生き方教育の最初の頃に斉藤一人さんとかも読んだのですが。
今でもずっしり強烈に残っているのは中村天風さんでしょうか。

トレードをするようになって
生き方・考え方の勉強を再度自らやり直しするようになって
ああ、ちょっと遅かった感じあるけど
あの頃からやらされたのはよかったなぁとしみじみ思ったことが何度か。

勉強のやり直しを始めてほぼ1年が経ちますが
日々忙殺にかまけていると、すぐに生き方・考え方が崩れてくるのは
長年の悪いクセが出るからで。
いやむしろ、人間ってそういうものなのかも。
そう崩れるようにできているのかも。

経験した会社2社では毎日のように音読したり音声で流したり
文字だけでなく音でも「教育」をしたんですね。

今から考えると、これもホントなるほどで。
毎朝お坊様が朝食前に経典を唱えることにほんの少し似ていると思います。
先に勤めた会社は朝礼で考え方の勉強をさせていましたし。
聖職者の方々の朝のお勤めにはまるで及ばない内容・状態ではありましたが(笑。

今最もよりどころにしている本何冊かを
再び、毎日少しずつだけ音読していこうかなーと考えています。

うーん、それだけ今回の風邪、身体のバランスの崩れ、
ひいては考え方のバランスの崩れには相当反省しているんでしょうね。

本当に、ほんのちょっとしたバランスの不均衡です。

恐らく、病気以前にはそんな程度の不均衡は
まったく気づかずスルーしていたことだと思い。
それだけ生き方・考え方の勉強が進んできているということかと思っていますが。

PageTop

あなどるな

風邪を引いて、なかなか治らずにいます。
自転車通勤が危険なのでなるべく寒くない方法で通勤…となると
2時間以上前に家を出なければならず
これもまたかなりエネルギーが必要なもんで
仕事休んじまってます

そんでトレードをやってみたりするのですが
…オールデモでよかった
ホント、体調悪いときはいけませんねー。

あれ、前はできたのになぜ?ということが山盛り。

病は気からといいますが
精神的にバランスが崩れているからこそ
なかなか治らない風邪を引いているのであり。

きちんと身体が元気な状態になって
心理状態もバランスがよくなっていて
トレードもできるってもんだと
いやほんと今回めちゃめちゃ痛感したです。

以前、体調が悪く、仕事するなど冗談じゃないって時期にも
うっすら感じておりましたですが
一度、ほぼ健康な状態を味わって
そんなときにトレードをして
うまくいく感覚を掴んでしまうと
風邪引いてトレードとかどんだけキケンな状態かと。
青くなりました。。。

他の人はそうでもないかもしれませんが
こと私については、病み上がりのまだまだ完璧に健康とはいえない身体。
ちょっとしたバランスで体調崩しまくる
よく言えば繊細な状態ですので(悪く言えば虚弱体質ですので)
もっと鍛えて
ちょっとやそっとではバランス崩れない状態にもっていきたいですなぁ。

最近風邪引く前にまた開始した筋トレと
通勤の自転車往復50分でうまいこと機能させていこうかと思います。
風邪がちゃんと治ったら…。

オリンピックを観ていて
アスリートの方々からは学ぶことがたくさんあります

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。